屋根の補修をする

最近の塗料

耐熱性や硬度に優れたセラミック塗料が外壁塗装ではトレンドになっている

最近になって登場したセラミック塗料は、未来の塗料剤とも呼ばれる優れた特性をいくつも有しており、現在の外壁塗装におけるトレンドの1つとなっています。 その特性として、まず耐熱性が高いため熱による変性を防ぐことが可能で、過酷な環境でも安心して使用できます。また紫外線に強いため、古い住宅の外壁塗装でありがちなくすんだ色に住宅が見えるといった問題も起きません。さらに硬度が強いため、傷みにくく長期間の耐用年数を誇ります。また汚れの付着にも強いのもメリットです。 セラミック塗料はこのように優れた特性をいくつも有しており、現在の外壁塗装において需要が伸びています。値段が他の塗料よりも高いのがネックですが、それを差し引いても人気となるだけの性能の高さを持つ外壁塗装の塗料となります。

リフォーム会社や工務店に加えて塗装専門業者もある

どの業者に外壁塗装を頼むかによって施工の料金や施工期間、アフターケアなどが違ってきます。このため外壁塗装ではまずどういった業者が施工に関わっているのかを知っておくことが重要です。 外壁塗装を扱う事業者は3つのタイプがあります。1つがリフォーム会社であり、もう1つが工務店、そして塗装の専門業者となります。このうちリフォーム会社と工務店は自社で直接塗装施工を行うのではなく、下請けなどの塗装業者の職人に依頼をするケースも多くなります。その下請けを請け負っているのが、先述の塗装の専門業者となります。 このため直接、塗装の専門業者に外壁塗装を依頼することも可能です。ただし他のリフォームと同時に行う場合や、アフターケアを重視したい場合はリフォーム会社や工務店を通した方が良いことも多くなります。