屋根の補修をする

コーティング加工

希望に応じて塗料はもちろん艶の有無や強さも選べる

現在壁塗装の際に、クライアントの希望する機能とデザインの実現が、塗装によって可能となっており、これが外壁リフォームの1つの魅力となっています。 塗料はアクリルやウレタン、シリコンなどをコストと性能を鑑みながら選ぶことができます。さらに好みに応じて艶ありの塗料を選んだり、あるいは半艶の塗料を選ぶことができます。 また最近は上塗り数回を行った後に、コーティング加工を施すことができる外壁塗装もあります。コーティング加工は、塗装のトップコートにあたる塗膜となり、雨水や紫外線、熱などを遮断してくれる働きがあります。

外壁シーリング補修と外壁塗装との類似競合箇所について

最近の外壁はサイディング材が用いられることが多く、サイディングボードの継ぎ目にはシーリングと呼ばれる防水加工のシールが貼ってあります。このシールも経年で劣化するため、住宅建築から10年や15年と経過するとサイディングボードの隙間に、雨水や埃などが入り込んで傷むことがあります。これを防ぐのがシーリング補修であり、外壁塗装と類似競合箇所もあります。 外壁塗装と類似競合している点として、まずどちらも住宅の保全と保護を目的としており、共に施工によって防水効果を得られる点です。一方で違いもあり、シーリング補修はあくまで住宅の保全や機能維持が目的であり、美観に関してはほどんど影響がありません。このため住宅の美観を蘇らせることができる外壁塗装とは大きな違いもあります。